130年前に誕生した、 ロイヤル コペンハーゲンの ブルーフルーテッド ハーフレース

それは誕生以来、いつの世もブランドを代表するデザインであり続けました。記念の年を祝し、伝統とそれを支えるカルチャー、そしてクラフツマンシップにかかわる3つのストーリーをお届けします。

すべてのストーリーを見る

1888年より、 ともに息づくストーリー

Blue Fluted Half Lace

1888 年、アート ディレクターの アーノルド・クローは、ブルーフルーテッド ハーフ レース の制作を開始しました。

優美なブルーで彩られたこのディナーサービスは、豪華なピアス(飾り孔)があしらわれたフルレースの、より軽やかなデザイン ラインです。過去130年間にわたり、このシリーズは時代を超えたデザインにより、ロイヤル コペンハーゲンの象徴として親しまれています。

Peter のストーリーを見る

レース シリーズの 新たな1ページ

Princess

ブルーフルーテッド ハーフ レースの登場から 90 年、レース シリーズに新たな1ページが加えられることになりました。

本来のルーツを忘れることなく、新たなる伝統をつくりあげること、それが プリンセスを生みだしました。アーノルド・クローのシェイプデザインとブルーのレースの縁取りのみで飾られ、それ以外の装飾は施されていません。優美でロマンティックなシリーズです。

Danielle のストーリーを見る

繊細なレースの キャンバス

White Fluted Half Lace

ホワイト フルーテッド ハーフ レースは、いわばブルーフルーテッド シリーズのミニマルなバージョンです。

すべての装飾を排した白磁のシリーズ。ブルーフルーテッドとは全く異なりながらも、親しまれてきたレリーフが安心感すら与えてくれます。清潔なホワイトのキャンバスは、古きよき時代の優雅な美しさを今に伝えています。

Peter のストーリーを見る

不変の美を祝して

レース シリーズのアニバーサリーを祝う特製ハイ ハンドルのマグカップ。オンラインショップ限定のスペシャルセット&ギフトボックス付。